リリース日時
2022-04-01 00:00
ページ数
283ページ
ジャンル
品番
k187afrnt01687
「お前、ドMなんだから…これくらい激しい方が丁度いいだろ…?」
クラスでは目立たない地味女子のヒミツ…それは窒息寸前まで締め付けられるマゾすぎな性癖の持ち主だった?

放課後、教室で二人きり。その時まで、僕は彼女を意識したことは無かった。
「長津田君さぁ、ドSだって言われてたね」
昼休みに男子同士で、今後どんなセックスがしたいかという話題になって……それぞれが憧れのプレイについて話したのを彼女は聞いていたらしい。
「……私が ……縛らせてあげるって言ったら?」
突然の出来事だった。彼女の肩は少し震えていた。
その震動が髪の先端にまで伝わっている。 あの透明な瞳は……冗談を言って人をからかうような輝きじゃなかった。
「相原は…… 縛られるのが好きなの?」
わけもわからず、あまりにも咄嗟のことで。だからただ焦るばかりで。
でも、何かのチャンスだということだけは分かっていた。

言葉を選んで、正しい選択肢を選べば、俺はきっと、彼女と――。
どこかで憧れていた征服欲を、声に変えて相原に投げかけた。
「――おい、俺に縛られたいのかって聞いてるんだ。 答えろよ」
「…………っ! ……し、縛られ、たい……です……」
困り顔で瞳を潤ませながら、相原は俺に懇願していた。
その瞬間、俺の背中に電流のような感覚がゾクゾクと走った。
透明感に満ちた彼女の瞳は、いつの間にか淫惑な牝の瞳へと変わっていたことに気付いた――。

コイツを調教したら…もっと狂った牝になる。好き勝手に躾けてやる。

(C)どろっぷす!/アパタイト
WEB SERVICE BY FANZA